4851円 鶴齢純米大吟醸 1.8L その他 鶴齢純米大吟醸,1.8L,4851円,sumait.ac.tz,/Miranha980787.html,その他 日本産 鶴齢純米大吟醸 1.8L 4851円 鶴齢純米大吟醸 1.8L その他 日本産 鶴齢純米大吟醸 1.8L 鶴齢純米大吟醸,1.8L,4851円,sumait.ac.tz,/Miranha980787.html,その他

日本産 鶴齢純米大吟醸 1.8L 倉

鶴齢純米大吟醸 1.8L

4851円

鶴齢純米大吟醸 1.8L



気品あるふくいくたる芳香、口に含むとやや辛口ながら、
まろやかさが際立った、やさしい口当たり。
舌触りの滑らかな、珠玉の逸品。
鶴齢の真髄が、この酒に詰まっています。

酒質データ
(酒質データは目標数値です。清酒の場合、数値と味わいは
必ずしも一致しません。
原料米越淡麗日本酒度+0
精米歩合40%酸度1.3
仕込み水巻機山
伏流水
アミノ酸度0.9

 

【青木酒造】
精米歩合40%の白米を使用し低温でじっくり時間をかけ発酵した
吟醸香のすばらしさをお楽しみ下さい。

青木酒蔵(鶴齢)お奨めのお酒
 ■   大吟醸 牧之(ぼくし)
 ■   大吟醸 牧之(ぼくし)生詰原酒
 ■   鶴齢(かくれい) 純米大吟醸
 ■   鶴齢(かくれい) 大吟醸

鶴齢純米大吟醸 1.8L

スポンサーリンク
証し・メッセージ

《イースター》イエス・キリスト復活の日!

《イースター》死を乗り越えて生きる  イースターおめでとうございます! 受難週を通してイエスの苦難の日々をたどり、今日、復活を共に祝えることは大きな喜びです! 本稿では「百万人の福音」2020年4月号に掲載されたイースター号のメッセー...
信仰生活

《受難週の黙想⑦》光を待ち望む:4月3日(土)

《受難週の黙想⑦》光を待ち望む イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に特別な...
信仰生活

《受難週の黙想⑥》あなたは高価で尊い:4月2日(金)

《受難週の黙想⑥》あなたは高価で尊い イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に...
信仰生活

《受難週の黙想⑤》イエスの愛に倣う:4月1日(木)

《受難週の黙想⑤》イエスの愛に倣う イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に特...
信仰生活

《受難週の黙想④》自分にできることを:3月31日(水)

《受難週の黙想④》自分にできることを イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に...
ニュース

《試し読み》新・それってどうなの!? Q&A 高校生クリスチャン・ライフ篇

『新・それってどうなの!? ―Q&A 高校生クリスチャン・ライフ篇』 洗礼ってなんで受けるの? 付き合ったらどこまでしていいの? 伝道ってなんでしないといけないの? 友だちのSNSの投稿が気になってしまう…… クリスチャン高校生た...
信仰生活

《受難週の黙想③》なくてはならぬもの:3月30日(火)

《受難週の黙想③》なくてはならぬもの イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に...
社会・国際

《コロナ禍に再考③》新大陸に“輸出”された感染症とキリスト教文化

新大陸に“輸出”された感染症とキリスト教文化 広がる「世界」と疫病  ルネサンス、宗教改革、大航海時代の始まりによって近世のヨーロッパは幕を開ける。中でも造船・航海技術の向上によって「新大陸」が発見されたことは、多くの冒険者たちを「...
信仰生活

《受難週の黙想②》宮きよめ:3月29日(月)

《受難週の黙想②》宮きよめ イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に特別な儀式...
信仰生活

《受難週の黙想①》棕櫚の主日:3月28日(日)

《受難週の黙想①》棕櫚の主日 イエスの十字架への道行き:受難週  イエス・キリストがエルサレムで苦難に遭って十字架につけられ、死んで復活する直前までの1週間を「受難週」と言います。特にカトリックや東方教会では、伝統的に、この週に特別な儀...